3年で実感した耐久性、LWC WHEELS中華カーボンクリンチャーホイール

「カーボンクリンチャー 破損」や「LWC WHEELS 耐久性」のワードで前回記事にこられる方が多いので、3年以上カーボンクリンチャーホイイールを使用した実体験・感想を別途本記事を記載致しました。

私もカーボンホイールは長らくチューブラーホイールのみの使用だったため、購入するまでカーボンクリンチャーホイールの耐久性については非常に懐疑的でした。

そんな私が実際にLWC WHEELSのカーボンクリンチャーホイールを購入して感じた耐久性に関する情報です。

使用状況等前提条件

・体重60kg、平均出力は200~220W程度

・たまに山岳ヒルクライム、基本は片道20kmほどの通勤

・3年以上使用

といった具合で使用しておりました。

通常使用における耐久性

40km/日、雨を考慮し月15日として600km月、土日のライディングも含めると10000km/年程度でしょうか。

その間行ったメンテナンスはハブのグリスアップとたまの掃除くらい。ハブもシールドベアリングですので、特に玉当たり調整などは不要のようです。

ただし、リムについては割れたりすれば修理はほぼ不可能ですので、そのあたりは割り切りが必要です。(これはアルミホイールも同じですね)

通常使用における耐久性で不安になったことは一度もありません。

もちろん段差を無理やり超えるなどは気を使って行っておりませんが、3年使用した中では特に異常を感じるような自体はありませんでした。

緊急時における耐久性

自転車通勤を行う上で課題となるのはパンク。

基本私は早めに着くように家を出ているのですが、寝坊したときに限ってパンクしてしまいます。(T_T)

これまで、2度パンクしたまま数キロ走りましたが、特に破損することはありませんでした。←滑って非常に危険なのでマネはしないでください!笑

このような緊急時にリム走行をしてもびくともしませんでした。(次項にて写真掲載)

傷などの状況を写真レビュー

せっかくですので写真を載せておきます。汚くて恐縮です。

細かいスレは多数あります。こんな感じ。

写真では分かりづらいものの、ブレーキ面に多少テカリが出てきています。制動には不満ないものの、多少制動力ダウンしているかもしれません。

この傷はパンクしたままの走行でついた傷。。。

こちらも。

・・・無茶してはいけません。が、なかなか丈夫です。

まとめ

参考にならないリム走行での耐久力などが多く、少しボリュームの少ない情報でしたが、LWC WHEELSのカーボンクリンチャーの耐久性には特に不安がなくノートラブルで来ているということで、ご容赦ください。

また、私が勧めて購入した友人の個体でも特に破損等なく快適に使用できているということで、及第点の耐久性はあるのでしょう。

耐久性に不安があり購入をためらわれている方のご参考になれば幸いです。

この記事を見て買ったのに壊れた!という苦情は受け付けません!←無責任

LWC WHEELSのウェブサイト

No tags for this post.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 申し訳ありませんが、まだデータがありません。

  • 自転車:ピーク時のFTP≒240W
    (だいたい乗鞍1時間6分~7分相当、現在は…)
    ラン:あまりトレーニングを頑張らずに4時間強
    趣味:自転車、アウトドア、買い物、節約、カメラ等々

    【お願い】更新の励みになります、是非シェア・時々のご訪問を頂ければ幸いです!
PAGE TOP ↑