初心者がロードバイクを本格的に始めるなら揃えたいグッズ総まとめ

ロードバイク初心者の方に捧ぐpart2

14924367402_394084579b_z

part1からの続きです。

この記事では、ロードバイク初心者の方にとって「余裕があれば揃えたいアイテム」、「より本格的に取り組むなら揃えたいアイテム」を後編として総まとめしました。基本的には自分で試してよかったものをご紹介しています。だいたいのものは網羅されていると思いますので、是非ご参考下さい!

前編はこちら。あまりにも長すぎたので分割しました。笑)

しかし、階調反転したビバンダム君は不気味の一言。ミシュランからクレームが来ないだろうか?

 ご訪問のついでにランキングをクリックいただけると幸いです!>>こちら

余裕があったら揃えたいメンテナンス用品

後編では、まずはじめに、余裕があったら揃えておきたいメンテナンス用品をご紹介いたします。

メンテナンス用品は普通にサイクリングやトレーニングをする上で無くても何とかなります。しかし、バイクをしっかりメンテナンスすることで愛着も湧き、自転車趣味が長続きするってものです。もちろん愛車も長持ちします。やはりきれいなバイクを見るのは気持ちいいものです。

副次的な効果として、家に自転車を上げている場合、奥さんの評価も得られるかもしれません。笑 反対に家の中でメンテナンスを行い、床に砂を落としたりすると評価は下がります。(実話)

ここでは、最低限の手入れができるアイテムをご紹介いたします。

ぱらぱら買うのも面倒なので、セットで買うのも有りでしょう。

オイル・グリス類

必要度:★★☆☆☆
費用感:500円~

オイルが切れると金属部分が錆びます。特にネジの頭やチェーンがよく錆びます。見た目や強度にも関係してくるので是非メンテナンスしておきたいところです。

オイル(チェーンなど駆動部に)

ホームセンターにあるミシンオイルなどでもある程度の代用は可能。飛び散り等に注意ですが、200円程度でも購入できます。

グリス(ネジ頭などに)

グリスについても同様。緑色の蛇腹の入れ物に大量に入ったグリスも安価で購入可能。専用品でもそれほど高くないのでわざわざ代替品を使うまでもありませんが、非常時には是非。ただ一度買ってしまったら最後、自転車程度の使用量では永久になくなりません。笑

チェーンクリーナー

必要度:★★☆☆☆
費用感:1000円~

チェーンを切ってつないでということが簡単に出来る人はチェーンを外してしっかり掃除すればいいのですが、初心者の場合なかなかそうもいきません。そういった場合の対策として、このチェーンクリーナーが便利。意外と安いのも魅力。

使い方は、チェーンにこの機材を装着しペダルを回すことによってブラシにチェーンが通り、綺麗になるという寸法。チェーンを掃除するとピカピカになり心が洗われる気分です。ちょっと漕ぎが軽くなる気さえします。(プラシーボ効果の気もしないでもない。笑)

メンテナンススタンド

必要度:★★☆☆☆
費用感:1000円~

後輪を浮かせて立たせるスタンド。チェーン掃除やリアディレイラー(後ろの変速)のメンテナンスの時などに便利。なくても何とかなるがあれば嬉しいアイテムです。

定番のミノウラ。おそらく一番持っている人が多いであろうスタンドです。私もこれを使っています。

2台載せられるものなどもありますが、まずはこれで十分でしょう。

地味に便利なアイテム

レインウェア

必要度:★★★☆☆
費用感:3000円~

雨+風のコンボはかなりキツイ!コンパクトで軽いレインウェアもあるので、雨が降りそうで荷物の余裕がある場合には持っておくのが吉です。

高級なものは結構高いので、緊急避難用と考えればこれくらいのものでも必要十分です。

シューズカバー

必要度:★★☆☆☆
費用感:2000円~

寒い日の下りや防水に便利。足先が濡れて冷えると拷問にも等しい。

あるのとないのとでは天気が微妙なときのヒルクライムの安心感が違います。特に通気性の高いロードシューズを使っている人は要注意。

アームカバー・レッグカバー

必要度:★★☆☆☆
費用感:4000円~

荷物に忍ばせておくと、状況によってウェアの調整ができ快適なライディングにつながります。特に春先と秋には意外な活躍を見せてくれます。



値段もそれほど高くなく、サイクルウェアのコーディネートの幅が広がるアイテムでもあるため、余裕があれば持っておきたいアイテムです。

携帯ツール

必要度:★★☆☆☆
費用感:2000円~

練習中にこまめにポジションを変えて試す際などに便利。携帯ツールは男のロマンですな。最低限アーレンキーとドライバーが欲しいです。

もっと大仰な機材がついているものもありますが、使用感を犠牲にしているものも多く何事もバランスが重要!

もっと本格的にロードバイクをやりたいなら

本格的にロードバイクをやっていきたいんだ!という人は是非下のアイテムに絶対投資すべき!必ずや元をとれると保証します。あれこれ悩む前に買ってトレーニングに励む方が効率もよく、結果的に近道だったということも多々有ります。

ビンディングペダル・シューズ

必要度:★★★☆☆
費用感:8000円~

ビンディングペダル・シューズは危ないと思われがち。でも違うんです!ペダルに足がくっついていることで、もがいた時にも足を踏み外すというリスクがなくなります。また、引き足も使える。MAXに近い出力で漕ぐ際や、ヒルクライムのときに特に力を発揮します。

でも最初、立ちごけは何度か経験します。あー恥ずかし。

サイクルコンピュータ(本格的なもの)

必要度:★★★☆☆
費用感:20000円~

ケイデンス(足の回転速度)・心拍数・パワー(パワーメーター必要)。これらが測定できることで練習の効率は何倍も向上します。

また、私も使っているGarmin Edge500、510、800などのシリーズは走行ログやトレーニング履歴も残せ、クラウド上にアップロードできるのでトレーニングの振り返りも容易になります。

EDGE500は見た目もかわいい!2万程度でこの機能は本当に破格ッ!!以前、使用感のレポートもしました。

ローラー台

必要度:★★☆☆☆
費用感:10000円~

3本・固定と種類はありますが、出力アップのトレーニングとしては固定ローラーがオススメ。3本と比べ強い不可がかけやすく、強度の高いトレーニングではそれが効いてきます。

冬場は外でのトレーニングが億劫になってきますので、サボらないためにもひとつ持っておけば練習の谷間を作らないようにできます。

パワーメーター

必要度:★☆☆☆☆(個人的には★★★★★としたい)
費用感:80000円~

短時間で強くなりたい人は絶対買って下さい。でも高い。比較的パワータップが安くて導入しやすいと思います。

ツールセット

必要度:★★★☆☆
費用感:5000円~

スプロケットの交換やその他コンポの交換などを自分でやりたい場合は一通り揃ったツールセットが便利。以下は私も使っていますが、通常のメンテナンスで不足したことはありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?思いつくままに書きなぐって行ったら思いの外長くなってしまいました。笑 最後までお読み頂きありがとうございます。

どのアイテムもあるに越したことはありませんが総じて言えるのは、安いからといって中途半端な代替商品を買ってしまうと結局買い直すケースが多いこと。

安物買いの銭失いとならないよう、優先順位を立てていい買い物をしましょう!

この記事が気に入って頂けましたら下のボタンからシェアお願いします!また、これはいるだろ!といったものがあれば、コメントいただけると嬉しいです。

Tags:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 自転車:ピーク時のFTP≒240W
    (だいたい乗鞍1時間6分~7分相当、現在は…)
    ラン:あまりトレーニングを頑張らずに4時間強
    趣味:自転車、アウトドア、買い物、節約、カメラ等々

    【お願い】更新の励みになります、是非シェア・時々のご訪問を頂ければ幸いです!
PAGE TOP ↑