パワーメーターが複数出た今なおPowertapを推す理由!

はじめに

色々調べる中で気づいた、練習時間が少なくても実業団等で活躍する人の共通点が何かというと「パワーメーターでトレーニング管理」している点。なぜそれほどパワーメーターが有効なのか、メリット・デメリットの観点から詳しく分析しました。

まず言えるのが、パワーメーターを導入して効率の良い練習をするのが早くなる近道ではないか?ということです。仕事の合間を縫って練習するにはやはり工夫が必要です。

そのパワーメーターの中でも、私がおすすめするのは定番のパワータップです。

パワータップとは↓のようなものです。
>>wiggle:powertapカテゴリー
65181317-s
自分の部屋なので、背景が少し散らかっています。笑
今やパワーメーターといえば、パイオニアSGY-PM900、Quarq Cinqo、RotorPower、Power2MAX、GarminVector、KeoPower・・・とあげれば本当にキリがありません。

 ご訪問のついでにランキングをクリックいただけると幸いです!>>こちら

パワータップをおすすめする理由

それでもなお、何故powertapを推すかというと・・・

やはりその①価格の安さ、

②入手性の良さ、

③価格以上の数値の正確性

これらがその大きな理由です。

やはり、どれくらい使うかわからないものにそれほど大枚ははたけませんし。かといって、精度がいまいちなものを選択するのも本末転倒。

そういう意味で、パワータップシリーズはそれらが高い次元でバランスしている良いツールだといえます。実際、測定誤差は1.5%とプロツアーで高シェアを誇るSRMと同等の値を示しています。

また、測定機械が苦手とされる冬場の測定精度にも定評があります

それ以外の上記で挙げたパワーメーターは、いずれも高額であるとか、低温時の精度に難があるとか、入手性が悪いなど、何らかの難点があります。

お金と時間に余裕があるのであれば、そういった機種を選ぶのも一手だと思います。

実際PioneerのSGY-PM900は性能的にも文句無く、左右独立でパワーを視覚的にモニターできるというギミックも好評を博しています。

新城選手のパイオニアペダリングモニター体験ムービー

パワータップとは

さて、powertapとは何か簡単にいうと、ゆがみを測定する機構が組み込まれたハブです。自分の踏力を数値(ワット数)で表示できるいわばロードバイク版スカウターといえます。

スカウターはこのメガネみたいなヤツ。

img_1022428_37877718_2

この、強さを数値で表すということに子供は心奪われます。やはり実力を数値で測るというコンセプトは非常に魅力的です。

プロ・実業団では当たり前のパワーメーター

次に具体的にどのようにトレーニングをするかですが、パワーメーターを取り入れている実業団の方によくあるパターンは、仕事の後1時間ほどパワータップで管理したローラー練を行い、土日にロングのチーム練を行うというものです。

平日でベースを作り、一人では上げづらい限界付近を仲間とのトレーニングで伸ばす。こういったイメージです。

集団走行のテクニックや、限界突破のトレーニングはやはり仲間と切磋琢磨するほうに軍配が上がります。

有名なところで言うと、ツールド沖縄でここ最近で2回優勝のroppongi expressさんや、乗鞍3連覇の森本さんもパワーメーターで高効率のロードバイクトレーニングを積んでいらっしゃいます。

東大からプロになった西薗選手もパワータップで成果をあげた一人のようです。

このように実践して結果を残している人には枚挙に暇がありません。

購入するまでの葛藤

私自身、今ではこうしてペラペラとうんちくを並べられるまでになりましたが、かなり高額な商品ということもあり、購入まではしばらく二の足を踏みました。2ヶ月くらいかもしれません。

ただ、迷ったら買え!いらなくなったら売ればいいじゃないかという祖父からの遺言を守り、ポチッといきました。

調べてみると、中古でヤフオクに売ってもそこそこリターンがあるというのがわかったので、それ程リスクはないと踏んだのが、購入に踏み切った大きな要因です。

そして、発注後1週間強でwiggleから問題なく到着しました。実際に3カ月使ってみての感想は以下のとおりです。

パワータップの使用感と魅力

①トレーニング効率の向上

体調などに左右されずに、絶対的な指標(ワット数)をもって体に適切な負荷をかけられます。

②トレーニングの成果がわかりやすい

トレーニングで得たパワーデータは貴重な財産です。トレーニング管理ソフトを利用すれば、さまざまな情報が得られます。いろいろありますが、私はGolden Cheetahというソフトを使っています。

WS000012

上は、日々の練習の30分ピークパワー(30分間の最大出力を抽出したもの)をグラフにしたものです。
練習を積んでいくことにより、じわじわパワーが上昇していることがわかります。

こういったように、練習のフィードバックが容易になります。

③一人のトレーニングにメリハリがつく

ペースを緩めると出力表示が明らかに下がるので、自分が戒められている気持ちになります・・・

④レースでの適切なペーシングが身につく

レースでは、皆スタート直後はオーバーペースになりがちですが、パワータップで練習することにより、ぎりぎり維持できるペースが身につき、レースに生かすことができます。

⑤パワーという絶対的な指標が出るので調子を把握できる。

心拍数のように体調に左右されない数値なので、いつも維持できていた出力が維持できないということで不調を察知できます。オーバートレーニングを防ぐような効果も期待できます。

などなど。メリットは多いです。実際、激遅だった私が普通?レベルまで持って行くことができています。笑

パワータップ(パワーメーター)のデメリット

イニシャルコストがかかる

一方、デメリットはというと、やはり高額なことです。

これは、パワータップに限ったことではありませんが、パワーメーターはなかなか一般的に普及するような価格帯ではありません。

ただ、使ってみて思うのは迷って迷って結局買うなら、迷っている時間が無駄だったなぁということです。色々悩んで結局買うなら、早く買って練習した方が結果的にはいいと思います。事実、私の周囲でもそういった声がよく聞こえてきます。

買ってしばらく練習したところで、簡単にホーム峠のベストを更新するなど、目に見えて効果があらわれており、その効果には疑う余地はありません。

課題は奥さんの対策

しかし奥さんが財布を握っている人は諦めてください。笑 たかがハブに10万円も費やすのは、普通の人から見れば狂気の沙汰です。(T_T)

私はそれを見越して結婚前に買いました。

正直、ばれたらやばいです!笑

724fb971

と、前の記事では書きましたが、ひょんなことからばれてしまいました。

しかし逆鱗に触れることはなく、何とかおさまりました。ただ一言「せっかくくるくる回して200Wの力使ってるのに、発電できないなんて無駄だね」・・・と。

なかなか心にくる発言です。。。

我が家にも、こんな↓設備が家にあればいいんですが。笑

一般人の踏力でも200ワットだったらテレビくらいは見られますよね。ただドライヤーや電子レンジなどはカンチェラーラでも常用はきついか。
manpower-2
 

パワータップと固定ローラー

ちょっと話がそれてしまいました。最後になりますが、固定ローラーはパワータップとの相性が抜群で、この二つの組み合わせは練習効率が最高です。

たとえば独走力というのは1時間TTの平均出力(FTP)を向上させることが重要といわれており、FTPを向上させるには、FTP付近の負荷を長時間からだに与え続けるトレーニングが重要。

しかし、実走ではどうしても勾配や風の影響で、負荷が強すぎたり・弱すぎたりというFTP向上にそれほど寄与しない運動をする時間がでてきてしまいます。

固定ローラーではそれらの影響を受けることがないため、目標をたとえば200Wで漕ぎ続けるとすれば、淡々と数値を見ながらその目標数値以上で走れば、期待するトレーニング効果を得られます。

このようなことから、密度が高く短時間で効果を得やすいと思います。ちなみに、うちはマンションなので三本ローラーは騒音の問題で厳しいので、固定ローラー一筋です(T_T)

うちのぼろぼろの固定ローラー。TacxのSatori4年ものです。

実際、パワータップはどこで買えばいいの?

ここまでパワータップがいかにいいのかを書いてきましたが、困るのがどこで買えばいいのか?というところ。

私は断然wiggleを推します。通常でも安いですし、時にセールでとんでもない価格を出してくる場合もあります。今見たところでもzipp202と303のパワータップハブ仕様が55%オフなど、むちゃくちゃやっていました。笑 是非ご検討下さい。

wiggle・powertapカテゴリー

海外から買うという不安はありますが、wiggleは日本語対応かつ日本語で問い合わせもできますし、発送もかなり速いので、その点では安心です。

ちなみに電池交換も自分でできるので、アフターサポートが必要なのは壊れたときくらだと思われます。

まとめ

長々と書きなぐってしまいました。あとは奥さんの目を盗んで買って練習するだけです。笑 それでは、良きパワートレーニングライフを。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!参考になれば幸いです。

Tags: ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 自転車:ピーク時のFTP≒240W
    (だいたい乗鞍1時間6分~7分相当、現在は…)
    ラン:あまりトレーニングを頑張らずに4時間強
    趣味:自転車、アウトドア、買い物、節約、カメラ等々

    【お願い】更新の励みになります、是非シェア・時々のご訪問を頂ければ幸いです!
PAGE TOP ↑