ロード世界選手権2013優勝者のパワーは?[パワーメーターを100倍楽しむ]

優勝したルイ・コスタのパワー

少しさかのぼって9/29に雨のフィレンツェで開催された、ロード世界選手権・エリート男子ロードレース。レースはトータル272kmで行われました。展開は最終周回で飛び出したホアキン・ロドリゲス(スペイン)にルイ・コスタ(ポルトガル)が合流し、2人でのゴールスプリントでコスタが勝利しました。

wcmerr56

そのルイ・コスタのパワー値がSRMのサイトに掲載されていましたので、それをもとにパワーウェイトレシオを計算しました。パワーウェイトレシオの計算に当たっては、wikipedia記載の体重68kgを採用して試算しています。

ルイ・コスタ(Rui Costa、1986年10月5日 – )は、ポルトガル、ポーヴォア・デ・ヴァルジン(英語版、ポルトガル語版)出身の自転車競技(ロードレース)選手。(wikipedia)

2013年のツール・ド・フランスでもステージ優勝が2つとまさに脂が乗ってきた選手です。

試算値

トータル:7時間25分44秒/240.8W/推定3.54W/kg
 

最終周:18分36秒/385.6W/推定5.67W/kg
 

公式データ 

TIME(時間) 7:25:44 min (race)

 

AVG POWER(平均パワー) 240.8 watts
 

AVG HEART RATE(平均心拍) 147 bpm
 

AVG SPEED not available
 

AVG CADENCE(平均ケイデンス) 70.0 rpm
 

ALT GAIN(獲得標高) 2,709 meters
 

DISTANCE(距離) 272.26 kilometers
 

ENERGY(消費エネルギー) 6,422.38 kilojoules

3位のアレハンドロ・バルベルデのパワー値

同レースのアレハンドロ・バルベルデのパワー値です。体重はwikipedia記載の61kgを採用しています。

試算値

トータル:7時間17分23秒/235.3W/推定3.86W/kg

まとめ

最終周はやはりレースに動きがあるところですのですさまじい出力。7時間走った後に400W弱を約20分維持するというのは、トッププロの出力は尋常ではありません。

パワー以外に気になったのがケイデンスです。記録では平均70回転となっており、少なめといえます。巷では90回転くらいがよいとされていますが、個人的には気持ちのいい回転数がいいと思っていたので、プロがこのような感じだと少し自信が持てます。

過去、プロのパワー・パワーウェイトレシオを計算した記事もありますので、一番下の「関連記事」から是非ご確認下さい。

おまけ

そんなルイコスタも熱狂のうちに幕を閉じたさいたまクリテリウムに出場していました。その模様をひとつ共有しておきます。

フルーム、サガン、ルイコスタ。トッププロ達の夢の競演!さいたまクリテリウムbyツール・ド・フランス2013


>>記事を気に入ってくださった皆様

Facebookのいいね!も勿論うれしいですが、↓の「自転車ブログ」をクリックいただけると、もっと嬉しくて管理人が小躍りしだします。笑 また、ついでにもっと沢山の素敵な自転車ブログを「人気順」で探せます!
にほんブログ村 自転車ブログへ 

おすすめNo.1 
>>wiggle:powertap proリアホイール 
値段・ワイヤレス・重量のバランスNo1!

ホイール付7万円で揃います。

おすすめNo.2 

>>wiggle:powertap G3 ENVE45mmカーボンチューブラーホイールセット
 

>>関連記事:【パワータップのススメ①】今もなおPowertapを勧める理由とパワトレの利点
>>関連記事:【プロのパワー】ピーター・サガンのパワーデータ(ツール第6ステージ)

>>関連記事:Factor Power Crankまとめ、他パワーメーターとの比較でメリットはある?

Tags:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 自転車:ピーク時のFTP≒240W
    (だいたい乗鞍1時間6分~7分相当、現在は…)
    ラン:あまりトレーニングを頑張らずに4時間強
    趣味:自転車、アウトドア、買い物、節約、カメラ等々

    【お願い】更新の励みになります、是非シェア・時々のご訪問を頂ければ幸いです!
PAGE TOP ↑