ロードバイクの冬用インナーにヒートテックがダメならどうすりゃいい?[冬用ウェア]

寒くなって巻き起こるインナー論争。

ここ数日かなり冷え込み、ネット上でも、「ヒートテックが良くない」、「メリノウールがいいよ」、「いやジオラインがいいよ」など、冬場のインナーウェアについて論争が飛び交っています。

wool-mohair-surface-450

この件は、自転車ウェアだけでなく、ランニングや日常の冬場の外出でも気になる問題です。これについて詳しく考えてみます。 


暖かさには定評があるが、値段が高いメリノウール。

それらを見ていると、そこまでスペックを求めて冬山にでも行くんですか?そうじゃなきゃ、ほどほどに暖かければ良いじゃないか。と個人的には思いますが、ある程度まとまった意見として「ヒートテックは汗をよくかくスポーツには向かない」というのがあります。

いやいや、いままでこれだけ持ち上げられていて、今更はしごを外されても困りますよwwwといった感じです。

だめなのはなぜか?

ヒートテックのどこが駄目なのか

マラソンや自転車などの運動は、運動しているときは身体から発せられる熱でポカポカして暖かいですが、信号待ちや休憩のときには一気にからだが冷えてしまいます。
その運動時にポカポカして汗が出るのが大問題。登山などもそうですね。特に登山時には汗冷えからの低体温症が命に関わるというので死活問題。

また、自転車乗りにとっても、特にヒルクライムにおいては、氷点下の峠に登ることもあり、そういった危険が無いわけではありません。

このような背景から、ヒートテックはその汗冷えが起こり易いということが、冒頭のヒートテックいまいち論に繋がっています。

なぜ、汗冷えするのかというところですが、主な要因は、ヒートテックに含まれるレーヨンが汗の蒸発のネックになっており、乾くのが遅いため汗冷えを助長してしまいます。従って、冬場の激しい運動には不向きと言えます。

レーヨンの特徴:肌触りを良く感じられる等の利点はあるが、吸水性が高く発汗が大量だと吸水率が飽和してしまうという欠点がある。

そういった理由からも冬用のインナーを考える際には、素材を見てレーヨンが少ないものを買うと良さそうです。

初めに断っておきますが、ヒートテックは「汗をかく運動」においては好ましくないのであって、普通に生活を送るためのインナーとしては、良い製品だと思います。実際に快適だということで売れていますしね。

結論:実際どのインナーがいいのか?

インターネット界隈で人気なのはモンベルのジオライン

こちらは実際に持ってはいないので無責任なことは言えませんが、登山グッズ専門のモンベルの製品と言うことで、汗冷えの問題は華麗にクリア。暖かさもかなりのもののようです。比較的評判の良好なモンベル・ジオライン。

素材の説明はこんな感じ。

モンベルがアンダーウエアのために糸一本から独自開発した高性能素材です。遠赤効果により体を芯から温めながら、極細繊維で作る独自の構造に繊維間に空気を豊富に蓄えることで暖かさを持続。においの元を絶つ制菌・防臭効果や伸縮性、吸水速乾性にも大変優れ、快適な着心地を実現しています。

実際、ブレスサーモを買う前はこちらにしようか迷っていました。最終的にネックになったのは価格です。

あまりネガティブなフィードバックも見ませんので、「寒さの対策には金に糸目をつけない」というお金持ちの方はこちらを購入しておけばベストかと思われます。

最適なインナーは状況によって変わる

インナーはどれが最高なのかということは、実際問題として結論を出すのは難しい問題です。比較するにあたっては、人それぞれ使用状況も違う訳ですし、自分が納得出来ればそれが最高なのだという結論に至りました。

やはり重要なのは、まず、自分がどこまでのスペックを求めるかということで変わってきます。普通に運動するくらいであれば、がちがちの登山用のものは不要なはずです。(ヒルクライムをするなら別です)

私が「冬場の自転車通勤時」に着ているのはブレスサーモ

そんなことを言ってしまうと、記事が終わってしまいますので、私の例で申し上げますと、自転車通勤時(片道20~30分)には汗がそれほど出ない状況のため、高スペックのインナーを着る必要がありません。

したがって、モンベルのジオラインのような高級品ではなく、比較的安価なミズノのブレスサーモを着ています。ブレスサーモ+ワイシャツ+スーツ+ジャケットの組み合わせが基本。正直この程度の用途で寒がりでない人は、ヒートテックでも十分だと思います。

安価ながら性能が良好なブレスサーモ。 

その性能については、でんじろう先生のお墨付きなのですから、間違いありませんw
WS000001

とはいえ、こんなおっさんのアピールだけでは信用なりませんので、素材の説明を載せておきます。②

ミズノの吸湿発熱素材・ブレスサーモは、汗などの体の水分を吸湿し、その吸着熱で発熱して約+2度の保温効果を発揮。 しかも優れた吸湿性で衣服内の湿度を約20%ダウン。ブレスサーモは、暖かくドライなウェアリングをキープします。また、原綿自体に抗菌防臭・消臭機能、PHコントロール、静電気抑制機能も併せ持つブレスサーモは、 清潔で安心な素材としてソックス・インナーウェアで絶大な人気を誇ります。  

動画も載せておきます。







私が「冬場のサイクリング・トレーニング」に着るのはミズノのブレスサーモ+α

一方、自転車通勤のように20~30分で終わる運動ではなく、比較的長時間乗る場合には、ミズノのブレスサーモ+αで調整しています。ブレスサーモのみの場合もありますし、ブレスサーモ+薄手のインナーの場合もあります。

トレーニングでも使用中。 

上記のように、山に行くときにはもう一枚ヒートテックやブレスサーモを追加するといったように、当日のライディングルートを考えて重ね着にて調整します。

冬場のグローブの件自転車通勤時の服装の件でも書きましたが、重ね着が好きなんです。

こうしておくことで、状況によっては脱いでしまったり、着直したりといった細やかな調整が可能となります。寒さ・暑さを我慢しながら乗るのは苦痛です。ウェアを失敗すると途中でトレーニングを投げ出したくなっちゃいますorz
 

まとめ

ということで、この件の結論として、私は1枚で全てをカバーするのではなく、重ね着で調整することを強くおすすめしたいと思います。

例えば、山の麓では10度近くあったのに、山の頂上では氷点下ということもよくあることです。それをインナー1種類で全てをカバーしようというのが端から難しい話なのだと思います。

それを前提を合わせないままに議論をしているので、インナー論争はまとまらないのが当然かもしれません。

・・・という、元も子もない結論で申し訳ありません。笑
正直、ホームセンターやワークマンの激安インナーも工夫すれば十分に使える製品だと思いますし、やはりトータルのコーディネートが重要だと思います。

ここまで紹介したインナーであれば、ある程度定評のある製品なので、これらをベースに自分の用途を勘案して、ベストなインナーのコーディネートを見つけていきましょう!

ほかにも冬を快適に過ごすための記事を複数書いていますので、是非あわせてご覧ください! 

AMAZON・冬用「ジャージ」評価順売り場へ飛ぶ

AMAZON・冬用「ジャケット」評価順売り場へ飛ぶ

AMAZON・冬用「タイツ」評価順売り場へ飛ぶ 

 立ち寄って下さったついでにランキングクリックしていただけると幸いです!  

Tags: ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 自転車:ピーク時のFTP≒240W
    (だいたい乗鞍1時間6分~7分相当、現在は…)
    ラン:あまりトレーニングを頑張らずに4時間強
    趣味:自転車、アウトドア、買い物、節約、カメラ等々

    【お願い】更新の励みになります、是非シェア・時々のご訪問を頂ければ幸いです!
PAGE TOP ↑