【最高の傘決定!】自動開閉が劇的に便利なtotesの折り畳み傘が大きく頑丈でおすすめ!

はじめに

様々な傘と比較して買ったtotesの折り畳み傘。思った以上に活躍しているので、「なぜtotesの折りたたみ傘にしたのか」他と比較して決めた経過と「2年使って感じたメリット・デメリット」を詳しく書きたいと思います。傘の選択にお悩みの方はぜひご参考ください!

ちょっといい傘を持つのはいいことだ!

日々悩むのが傘。雨がふるのが確実であれば、長傘を持って行ってもいいのですが、特に梅雨は天気が不安定で、予報では微妙でも「やっぱり降った」なんてことが多々あります。

こういう時に便利なのはやはり折り畳み傘。

これまでは、1000円くらいの安価な折り畳み傘を買ってはなくし、買っては壊ししていました。安いものには理由があって、当然安価なものは使いにくいし脆いというのは避けられません。

そして、すぐになくしてしまうのは、安くて愛着がなく不便だろうというおなじみの安易な発想で今シーズンはちょっと高価で丈夫な折り畳み傘を購入することにしました。購入にあたって重視した点は、以下の項目です。

①自動開閉できる(ボタンワンタッチで開閉可能)

②サイズが大きめ(開いた状態で110cm以上)

③たたんだサイズが34cm以下(ビジネスバッグに入るサイズ)

これらをすべて満たすことを条件にググってみました。

良さそうなブランドは?

まず、値段や性能を考えて、ブランドとして良さそうなのはクニルプス、トーツあたりのよう。特にクニルプスはドイツ語では傘を表す単語になっているほどの傘の老舗。これは間違いなさそうです。

Knirps(クニルプス)は、ドイツの傘専門ブランドです。確かな技術と老舗のブランド力でドイツでの認知度は95%にも達し、Knirps(クニルプス)という名前自体が折りたたみ傘の代名詞にもなっています。
ドイツ語の辞書にもその名前が載っているほどなのは驚きです。
Knirps(クニルプス)生みの親であるハンスさんは足が悪く、雨が降りそうな日に杖と傘の両方を持ち歩くことに不便を感じていました。それを解消するために、「ポケットに入るくらい小さな傘」を考案したのが始まり。
1928年に折りたたみ傘の構造を考案し、1934年には折りたたみ傘の特許を取得しました。
長い歴史から生まれる独自の技術は、今日でも折りたたみ傘の先駆者として注目され続けています。

一方のトーツも負けておらず、アメリカでは傘といえばトーツと言われるほどのブランドのようです。

totes(トーツ)社は全米で40%のシェアを持つ世界最大のウェザーカンパニーです。
1924年、アメリカ・オハイオ州のシンシナティーで設立され、当初はレインシューズを主力に販売をしていました。
1970年にいち早く折りたたみ傘をマーケットに導入し、それ以降アメリカではtotes=傘と言われるほど、
消費者から厚い信頼を得ています。

この2つであればどちらを選んでもOKという印象。

実際に買ったのは

実際に購入したのは、タイトルにもあるトーツのタイタン70(TOTESのTITAN70)。タイタンという名の通り、長傘に匹敵するほど大きく、丈夫という触れ込み。

風速毎時112kmの強風にも耐える自動開閉式折り畳み傘とのこと。骨も既存の製品より17%も骨太に作ってあるそうです。紫外線遮蔽はSPF50+!よく分かりませんが。

ラインナップとして、大きさは60と702種類あります。大きいほうが良かったので今回は70cmの方を選択しました。

トーツタイタン70・A258 (今回選択)
:親骨長さ70cm/直径120cm/480g。

トーツタイタン60・A257
:親骨長さ60cm/直径98cm/430g

【その他比較した傘】

クニルプス・Fiber T3 Duomatic
:親骨長さ-cm/直径106cm/480g

クニルプス・T2 Duomatic
:親骨長さ55cm/直径97cm/270g

トーツチタニウム・レインフォース
:親骨長さ54cm/直径98cm/315g

フォトレポート

梱包はこんな感じ。

外観はこんな感じ。

家の中で開いたら邪魔なので、開いた写真はお借りしています。私が選んだのは左下のトレッド柄。

img61935310

自動開閉はこんな感じ。ボタンを押したら開き、もう一回押すと閉まります。

1ヵ月使用しての感想

サイズが大きい

長傘に匹敵する大きさで、とても信頼感が有ります。安物の小さい折り畳み傘ではカバーしきれなかったバッグや肩がすっぽりカバーできます。

かなり丈夫

骨の太さはダテではありません。私の通勤ルートはビルが林立しており、その隙間から突風が吹くこともしばしば。ビニール傘がひっくり返っているのを尻目に自分のトーツ・タイタン70はびくともしませんでした。腕が持って行かれそうになることもあるほど。笑

(2017/6追記)購入してから2年経ちました。結構な突風下で何度か使用しましたが、全くびくともしません!唯一マジックテープ部分がほつれ掛けているくらいですね。

自動開閉が想像以上に便利

自動開閉は両手がふさがっているときなどに重宝です。

急いでいる時にもさっと取り出してさっと開けるのでストレスが全くありません。

骨による怪我に注意

ここからは、使ってみて感じた不満点です。

自動開閉ということで、ボタンを押すと勢い良く開きます。その時に指が骨に触れていると開く勢いで指が切れる可能性があるので要注意!実際切れて血だらけになりました。笑

軽くヤスリがけするか、気をつけて開くかするほうがいいかもしれませんね。

ちょっと重い

大きさ・丈夫さとトレードオフですが、少し重いのは否めません。とはいえ500mlペットボトルよりも軽いので十分な性能だと思います。

まとめ

全体的に良い買い物をしました。デザインも豊富で好みのカラーが見つかると思います。ちゃんとした傘を持てば少しは雨の外出も楽しみが出てくるというもの。

TOTESの傘に限らず、少し良い傘を持つのは良さそうです。重さが気にならなければタイタン70、おすすめです。

(2017/8/24追記)大切に使っていたのに傘をなくしてしまいました。(T_T)
一度自動開閉の傘を使うと手動は使えなくなります。ということで、もう一本TOTESの自動開閉折りたたみ傘を購入しましたのでまたレビューしますね!

Tags: ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 自転車:ピーク時のFTP≒240W
    (だいたい乗鞍1時間6分~7分相当、現在は…)
    ラン:あまりトレーニングを頑張らずに4時間強
    趣味:自転車、アウトドア、買い物、節約、カメラ等々

    【お願い】更新の励みになります、是非シェア・時々のご訪問を頂ければ幸いです!
PAGE TOP ↑