【自転車ウェア】秋冬の寒い時期における自転車通勤の気温別服装

どうも、自転車通勤の鬼、やまぽたです。

過去の記事でも書いていますが、私はスーツで片道10km超をジテツウしている変わり者です。

理想はスーツ店のCMのようなイメージですが、実際に自転車通勤をするには主に服装面で色々と悩みがあります。

cb_diet
 

特にジテツウにおいて死活問題なのが夏の「汗」と冬の「寒さ」。季節の変わり目においては、どういうウェアを着るかが悩ましいものです。
 

着替え場所などが完備されているのであれば、自転車ウェアを転用出来るので楽なのですが、そうでない場合如何に仕事着で対策するかを考えなければなりません。

秋冬の冷え込みに対しての気温別対策

ここ最近、かなり朝方が冷え込むようになってきたので、どういう感じで通勤しているのかを、簡単にまとめてご紹介いたします。外気温の感じ方は人それぞれですが、少しでも参考になれば幸いです。
自分自身が毎年どんな服装で自転車通勤していたのかを忘れてしまい、痛い目を見ているので備忘録を兼ねて共有致します。
余談ですが、10月~11月にかけては結構怪しいスタイルなので、特定して石や卵を投げるのはやめて下さいね!笑
グローブの記事と同じように、気温別でいきます。

15℃~の場合

身体はあまり寒くありませんが手先が少し冷える時期。自転車に乗ると少し肌寒いかな~という感じのイメージ。

うっかり手袋を忘れたとしても少し寒いなぁで済むレベルです。しかし、このあたりから適度な寒さ対策をしておくことで、自転車通勤がさらに快適になります!

上:ワイシャツ、長袖インナー

下:スラックス、ロングタイツ(薄手) 

小物:手袋(薄手のプロミラン手袋) 
手袋については冬を快適に過ごす!気温別ロードバイク・グローブの使い分け方法をご参照下さい。

このときのタイツはスーパーなどで売っているものでOK。
 

10℃~15℃の場合

大阪の通勤時間帯はいまこれくらいでしょうか。寒くて自転車通勤が嫌だなぁと思うくらいの寒さ

このあたりから対策を打っていかなければ自転車通勤が続かなくなってしまいます。特に末端部の対策は細やかな対応をするのが吉。

上: スーツの上着、ワイシャツ、長袖インナー

下:スラックス、ロングタイツ(厚手)

小物:手袋(プロミラン手袋)、ネックウォーマーとランニング用手袋を状況に応じて着脱
ネックウォーマーはユニクロで購入。激安かつリバーシブルでこんな感じ。

ホコリはご愛嬌。笑
 

ロングタイツはこれ。 なかなかあったかい。
 

5℃~10℃の場合

このあたりになると、未対策で自転車に乗れば手先や耳たぶが痛くなってくるレベルです。

屈強なガチムチ野郎でも、ここまでくれば我慢の限界で手袋をつけるようになります。一方私はジャケットなど本格的な対策に乗り出します。

上:キルティングのジャケット、ワイシャツ、長袖インナー

下:スラックス、ロングタイツ(超厚手:ピタッとしたスウェットのイメージ)

小物:手袋、ネックウォーマー、イヤーウォーマー
イヤーウォーマーはwiggleで1000円くらいで購入したナイキの製品で、こんな感じ。

薄手で扱いやすい一品。 

キルティングのジャケットはこんな感じ。手持ちのものの中で、ダウンジャケットなど
MAX寒さ用ではなく2番手くらいのものがおすすめ。

特定して石(以下略)。

~5℃の場合

フル装備です。下はジャージをスラックスの中に履きたいところですが、これ以上ごわごわすると業務および外部からの視線に支障をきたしますので、これくらいで我慢します。
気合いを入れれば何とかなります。笑
上: キルティングのジャケット、スーツの上着、ワイシャツ、長袖インナー

下:スラックス、長袖タイツ(超厚手:ピタッとしたスウェットのようなイメージ)

小物:手袋、ネックウォーマー、イヤーウォーマー  

ロングタイツはこれ。何これ、分厚くてめちゃ暖かい。

その他便利な小物

薄手のレインウェア
朝晴れていても、帰りに突然雨に降られることもあります。夏場ではそれも特に問題ありませんが、冬場では寒くて命が危険にさらされます。(実話)
 

常に自転車にレインウェアを積んでおくことで、安心して日々の自転車通勤ができます。

オルトリーブのサドルバッグL
容量が大きいので、上記のようなレインウェアを収納したり、泥よけ代わりにと活躍します。冬は何かと荷物が多いので大きめのサドルバッグがおすすめ。
ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L ブラック 2.7L サドルバッグ F96LL
ORTLIEB(オルトリーブ)
売り上げランキング: 2,594

詳細はまた別途レポートする予定です。

おわりに

寒い時期の自転車通勤の服装についてのコツは、少し肌寒いと感じる程度にすることです。
外に出ても暖かいという服装は概して通気性が良くなく、自転車に乗っていると十中八九熱くなってしまい発汗に繋がります。したがって、寒いと感じず我慢出来る位の肌寒さがちょうど良いと言えます。
これくらいの服装であれば、走行中の発熱で身体が暖まってきて快適に過ごすことができます。
色々と工夫してみてこれだ!という自転車通勤ウェアが決まれば、日々のジテツウが苦痛になることなく、長続きさせることが出来ますので、是非自分なりのコーディネートを考えてみて下さい。

着替えるところがあり、かつ周りの目が気にならなければ、高機能なサイクルウェアを着れるので楽なんですけどね。

このほかにも冬場に快適過ごすための自転車ウェアの記事を書いていますので、是非ご覧いただければ幸いです!

 立ち寄って下さったついでにランキングクリックしていただけると幸いです!   

Tags:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 自転車:ピーク時のFTP≒240W
    (だいたい乗鞍1時間6分~7分相当、現在は…)
    ラン:あまりトレーニングを頑張らずに4時間強
    趣味:自転車、アウトドア、買い物、節約、カメラ等々

    【お願い】更新の励みになります、是非シェア・時々のご訪問を頂ければ幸いです!
PAGE TOP ↑