GARMIN EDGE 1000発売!果たして買いか?またその価格は?

はじめに

ガーミンが新たなサイコンGarmin Edge 1000を発表しました。海外サイトに情報が上がっていたので、簡単にご紹介します。(随時続報追記中)
GARMIN_Edge_1000

概要・要点

新大型・高解像度のカラー液晶

EDGE800・810より大幅に大きくなった3インチのカラー液晶が搭載されます。夜間の視認性にもこだわり見やすいとのこと。私はEDGE500ユーザーですが、その時からすでに他社のサイコンより見やすかったので期待大です。

本体は薄型に

EDGE800と比べると、液晶の大型化に伴い、面積は大きくなりましたが、EDGE1000では大幅な薄型化が行われています。かなりスリムな印象になっています。

e0265002_23095133

Ant+だけでなく、Ant+Di2と同期可能

シマノの電動コンポのギア情報などと連動することが可能。走行中のギア表示やワット数の表示に対応。これはなかなか便利そうです!(電動コンポもってないけど。笑)ここはEDGE810にはなかった点。
IMG_1781_thumb

wifiやブルートゥースにも対応

電話の着信やメールの着信などをテキストメッセージでお知らせしてくれるとのこと。ライディング中はなかなかスマホを確認できないので、シームレスで連携してくれるのはなかなか痒い所に手が届いているという印象。こちらもEDGE810にはなかった点。

例:ガーミンモバイルさんから着信

Call-Text-1_thumb

詳細地図が本体に格納

ロングライド派または行き当たりばったり派には便利な機能です。自転車にも付けられるカーナビも有りますが、やはり立て付けや見やすさなどの点から専用がいいのではないでしょうか。

バッテリーは退化

17h→15hと若干の退化。液晶が大型化したこともあり、消費電力が増えたものと思われます。これくらいだと、本体の容積が増えているのでバッテリーの容量でカバーできるものだと思いましたが、そうでもないようです。

価格は599ドルをちょっと超える?

つまり日本円では6万円強ということでしょうか。これが国内価格になるといくらになるか分かりませんが、このスペックであれば妥当だと思います。ハートレートモニター・ケイデンスセンサーは+100ドル。

4/10-4/13のアメリカの発表会でお披露目予定

シッピングは5月となっているので、日本国内は少なくともそれ以降かと。

まとめ

前作よりも値段は高くなったものの、痒い所に手が届く正常進化という印象です。

日本発売がいつになるのかは定かではありません。海外発売が始まってから輸入して人柱になるかは未定です。こういうところで都合よくEDGE500が壊れてくれれば気持ちよく買えるんですが。笑

今後も動向を注視していきたいと思いますので、乞うご期待!

もっと小さくていい、安いほうが良いという場合はEDGE500・510、EDGE800・810あたりもまだまだ現役を張れると思いますので、おすすめです。過去のEDGE500のレビューはこちら。

この他にも、機材関連の記事ロードバイク初心者向けの記事パワータップ礼賛記事(笑)等も書いています。ぜひ合わせてお読みください!全記事サイトマップもあります。

 ご訪問のついでにランキングをクリックいただけると幸いです!>>こちら

Tags:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 自転車:ピーク時のFTP≒240W
    (だいたい乗鞍1時間6分~7分相当、現在は…)
    ラン:あまりトレーニングを頑張らずに4時間強
    趣味:自転車、アウトドア、買い物、節約、カメラ等々

    【お願い】更新の励みになります、是非シェア・時々のご訪問を頂ければ幸いです!
PAGE TOP ↑