マウンテンサイクリングin乗鞍2012レポ

前日までの調整

日曜日:山岳ロング

月曜日:通勤+ローラー、スイム

火曜日:通勤、スイム

水曜日:通勤+ローラー、スイム

木曜日:通勤

金曜日:休養日

土曜日:移動日

通勤は行き流し、帰り10kmメディオペース。ローラーは10~15分のメディオ×2本としました。

スイムがかなり入っていますが、調整というより嵌っているからです。笑

バイク調整

ホイール:50mm中華カーボンホイール(PT仕様)

タイヤ:Vittoria Crono Evo CS

その他:バーテープなし、カーボンサドル、中華軽量クイック

だいたいこれで7kg前後でしょうか。

前日調整中にリアブレーキが動作しなくなり冷や汗(T_T)いろいろいじっているうちに直りました。

 

前日

起きた瞬間ハムストが筋肉痛。整備疲れ??(^^;)しかし、基本を無視して引き足を意識せず大腿四頭筋で走るスタイルなのでこれを華麗にスルー。

7時ごろ出て3時には到着。

昼食は胃の調子をよくするという自然薯。食べ放題で3杯も食す。

クライマーとしてあるまじき行為!

jinenjyo

受付を済ませ、宿にて温泉に入り、夕食を食べてリラックス状態で8時ごろ就寝。夕飯も食べすぎ気味orz

norikurayuhan

当日

4時前に起きだしローラー。星がすばらしくきれい。

アップはそんなに好きではないので適当に15分ほど流しておきました。

軽量化に2回成功し、体重はおそらく54.5kgほどと出来過ぎ。天気もよく体調も悪くなく「今日はなんだかいけそうな気がする~」という手応え。

6時くらいに会場に行き、トイレ行ったり談笑したりであっという間にレース時間に。

レース

今年からマスドスタートではないので、安心してクリートキャッチミスができる!と思いましたが、珍しく一発で嵌りました。

周りは序盤オーバーペースになることが分かっていたので無理につかずパワー値を見ながらターゲットの220W(70分台で走る目安)やや上で走行。

・・・10分しないうちにどんどん人が降ってくる。笑

このあたりがPOWERTAPのメリットを感じられます。ペーシングにはもってこいのツールです。

そうは言いながらも、自分もave220Wを維持できたのは20分くらいまで。それ以降はじりじり落ちていく一方。

終わってから感じたことですが、ひとえに気持ちの面が大きな要因だったように思います。一本で終わりなのだから後のことを考えずに突っ込み気味で走れば良かったと後悔。

後半の九十九折は勾配はきついもののタイム向上のため、ダンシングで最内で淡々と。

一方、それと交互に現れる平地~緩斜面ではどうしても脚を休めてしまう傾向に。ここで踏めなかったのも平均出力を下げた要因か??

ゴール付近では余裕があったので、応援の方に手を振ったり声をかけたりしながら楽しんで上ることができました。

最後ゴール前スプリントで3人ほど抜きました。そんな余裕あるならもっと前から頑張れw

norikura

しばし景色を楽しんだ後、集団下山。会場にて乗鞍ガールと一緒に写真を撮ってもらいホクホク顔で初乗鞍は〆

しかし、初参加で75分切りというのは及第点の気もします。

来年は70分切りを目指して、脚・精神ともに鍛えます。その前に練習嫌いを直す方が先決か??

備忘録

自転車の整備は前日にはやらない

会場のメイントイレは混むので自然博物館?へ

給水があるのでボトルは不要

ゴール後山頂まで登山が可能

表彰式まで見ると渋滞に巻き込まれる

(思い出し次第追記)

【走行距離】

20km

【補給食】

1x ミニ羊羹(直前に食べた)

1x 粉スポーツドリンク濃い目250ml(重量を気にして少なめ)

【使用サイコン】

Garmin – Edge 500

【使用カメラ】

iphone4

おつかれと思った方は↓へ
人気ブログランキングへ

Tags:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 自転車:ピーク時のFTP≒240W
    (だいたい乗鞍1時間6分~7分相当、現在は…)
    ラン:あまりトレーニングを頑張らずに4時間強
    趣味:自転車、アウトドア、買い物、節約、カメラ等々

    【お願い】更新の励みになります、是非シェア・時々のご訪問を頂ければ幸いです!
PAGE TOP ↑