スカーゲンの腕時計が薄く、安く、死角無し!質感○でビジネス用にも

SKAGENが予想外に良い!

試しに購入したスカーゲンの腕時計の858XLSLCが、1万円前後の価格の割に、めちゃ薄くシンプルなデザインで質感も悪くなかった!サラリーマンにも良さそう!ということで、使用した感想とフォトレポートを余すことなくまとめます。

[スカーゲン]SKAGEN KLASSIK 858XLSLC メンズ 【正規輸入品】
SKAGEN(スカーゲン) (2011-04-20)
売り上げランキング: 1,225

スカーゲンはこんなブランドだ。

1989年に北欧デンマークで設立した『SKAGEN(スカーゲン)』。特有のミニマルなデザインには「デザインの美しさと品質の高さは必ずしも高価である必要はない。」というブランドの信念が込められています。手ごろな価格と無駄をそぎ落としたスタイリッシュなデザインで、ビジネスシーンだけでなくカジュアルな装いにも合わせられる、ベーシックウォッチとして男女ともに人気です。

SKAGENを購入した経緯

今使っている時計が非常に重いものだった

デスクワーク中に煩わしくなったので、軽くて薄いものをと思い、例のごとくネットショップを徘徊。

薄い時計は高いことがわかった

薄い=高い、には直結しませんが、こういった傾向があるのは確かです。特にビジネスでも使用できる2針で文字盤がシンプルなものはなかなかありません。

予算は2万円まででビジネスでも使えるシンプルデザイン希望

将来的に良い時計は買いたいという前提があったため、当面のつなぎとしてこの設定。この条件で探した結果、「SWATCHのSKIN」と「SKAGENの時計全般」、「BERING」が候補に上がってきました。

スウォッチスキンはややカジュアルよりです。スカーゲンとベーリングはシンプルかつ洗練されたデザインで所有欲も満たされそう。

評判やレビューなどを見て最終的にSKAGENに決定!

どうやら、BERINGよりもSKAGENの販売数が多いらしく、レビューも豊富。概ね高評価が得られていることからSKAGENにしました。10000円程度から購入できるモデルがあったことも魅力。

追記:どうやらスカーゲンとベーリングでは同じ工場で製造している模様。ですので、値段や好みで決めてしまっても良さそうです。

メタルバンド・革ベルトの選択肢のどちらか?

ラインナップにはメタルのメッシュバンドのものか革バンドがありました。

持っている時計が全てメタルバンドだったこともあり、今回は革ベルトにすることにしました。クロコの型押しがかっこよかったということも好感度高い。

革ベルト

[スカーゲン]SKAGEN KLASSIK 858XLSLC メンズ 【正規輸入品】
SKAGEN(スカーゲン) (2011-04-20)
売り上げランキング: 1,225
[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 KLASSIK SKW6082 メンズ 【正規輸入品】
SKAGEN(スカーゲン) (2014-02-11)
売り上げランキング: 1,857

メッシュベルト

[スカーゲン]SKAGEN KLASSIK SKW6052 メンズ 【正規輸入品】
SKAGEN(スカーゲン) (2013-08-26)
売り上げランキング: 1,495
[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 KLASSIK SKW6071 メンズ 【正規輸入品】
SKAGEN(スカーゲン) (2014-02-11)
売り上げランキング: 6,297

フォトレポート

開封の儀

全景。

つけてみたところ。薄い。(腕毛失礼)

ケースの裏側。

文字盤はメタル系のヘアライン仕上げ。

革ベルトはクロコ型押し。

ベルトの裏側はスエード仕上げ。

使用してみての感想

圧倒的な薄さ

腕時計をつける腕の部位はややくぼんでいます。そのため、ケースの厚みがかなり薄いことで、丁度その部分に時計がハマる感じ。見た目がかなりスッキリします。

また、長袖のシャツを着る場合にも袖に干渉しづらく、袖口の劣化も防げます。シャツを着る際にはある程度袖に時計が隠れたほうがいいらしいので、その点でもメリットがあります。

圧倒的な軽さ

薄いことに伴って、かなり軽量に仕上がっています。本当につけているのを感じさせないほど。

値段が安い割に質感も良い

10000円ほどの激安価格にもかかわらず、質感はなかなか良好。文字盤は一見シルバーかホワイトの無地に見えます。実際にはヘアライン仕上げが施され、見る角度によって色々な表情を見せてくれます。

かなり細い腕でも対応できるベルトサイズ

私の腕はかなり細いですが、なんとか一番手前の穴を使用することで詰めることなく装着できています。

これまでのメタルバンドでは、これ以上調整する余地がないほどコマを外して対応していましたので、これは嬉しい!

革ベルトの質感がややチープ

これは仕方ありません。離れてみると問題ありませんが、近づくと「あー、型押しだな」という感じです。それでもビニールのような明らかな安っぽさはなく、必要十分といったところです。

ある程度劣化したところで、自分で時計ベルトを作成することにもチャレンジしてみたいと思います。

秒針が無いので細かい時間はわからない

これは、2針を狙っていたので個人的には問題ではありません。ただ、秒針を良く使う人は注意が必要です。

耐久性は未知数

ケースが薄いということは、それだけケースの素材の厚みも削られているはず。多少耐久性が劣る可能性があります。

スポーツ時は使わないなど、念のための配慮はしておこうと考えています。

まとめ

以上を纏めますと、間違いなく「買ってよかった!」ということになります。10000円強という低価格で、これだけ薄く・軽く・質感が良好な時計はなかなかないと思います。コストパフォーマンスの高い時計をお求めの方は是非!

 ご訪問のついでにランキングをクリックいただけると幸いです!>>こちら

Tags:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 自転車:ピーク時のFTP≒240W
    (だいたい乗鞍1時間6分~7分相当、現在は…)
    ラン:あまりトレーニングを頑張らずに4時間強
    趣味:自転車、アウトドア、買い物、節約、カメラ等々

    【お願い】更新の励みになります、是非シェア・時々のご訪問を頂ければ幸いです!
PAGE TOP ↑